matilda.net  
趣味の雑記    過去の雑記  
 


2020年8月
            1
2 3
4
5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント
マチルダ on バスルームのドアノブ修理
まーぶみっく on バスルームのドアノブ修理
クロム ハーツ 偽物 on SPADAのアップハン化
マチルダ on 休日は多忙
マチルダ on ショートスタンド

過去ログ
2020年 8月
2020年 7月
2020年 6月
2020年 5月
2020年 4月
2020年 3月
2020年 2月
2020年 1月
2019年12月
2019年 9月
2019年 8月
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2018年12月
2018年11月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 2月
2013年 1月
2012年11月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月

携帯で読む
   URLを携帯に送る

ブログ内検索試験

Powered by Google



 



ゆとり教育?
息子の中学受験の勉強を見てやった。。。。

見てやったが、全くわからん(w

答えはわかるんだよね。解き方も数学ならわかるんだけど、でも算数だとわからない。

中学受験では小学校教育の範囲を逸脱しすぎないように難問にしてあるのだ。

例えば速さと時間と距離の問題で、「A君は時速10km/時で一時間歩きましたさて距離は?」

普通に数学なら只の一次方程式だ。

時間 x 速さ = 距離

次に「帰りは15km/時でしたが何時間で着いたでしょう?」

と永遠に続けられるが最初の式さえ覚えておけば式を変形すれば問題ない。

んが式の変形は移項を含むので小学生にやらせてはいけないのだ!

時間 / 速さ = 距離
距離 / 速さ = 時間
距離 / 時間 = 速さ

と3っつの公式を意味を理解せず覚えさせられる。

さらに15km/時とか表記は良いらしいのだが、この単位の「km/時」距離を時間で割ったものって明確な説明はしてはいけない。

こんなやり方じゃ意味も解らず、加速度と積分微分、方向変化とベクトルや行列ってところには勉強は一生到達できない。

そう中学で数学をやってから小学校の勉強を全て忘れなさいってこと。

小学校で誰もが絶対習っている項目が以下の通り

速さの三公式
速さの平均
通過算
流水算
旅人算
3人旅人算
時計算
通過旅人算
流水旅人算

かように普通の人どころか、理系の私でも名前がわかりません。

微積分とは言わないが、最後のほうは複雑な式にするより連立方程式にしたほうがスマートだ。

でも連立方程式と代数は使っちゃ駄目なのだ、比を使ってマイナスも使わないで解くんだよこれが(w

そう、中高一貫教育で大学を受験するなんてことじゃなく、小中一貫教育で無駄なカリキュラムを整理して式や数の本質を教えたほうが学力が上がるのは自明の理だ。

12:28, Thursday, Jan 11, 2007 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ コメントを書く ¦ 携帯

■コメント


■コメントを書く

名前:

メールアドレス *スパム対策 メールアドレスは入力禁止:
    
URL *スパム対策URLは入力禁止:

この情報を登録する
内容:

パスワード(任意):

ヒューマンチェック(選択した計算結果を入力):


△ページのトップへ
 



フリーソフトで作るブログ