matilda.net  
趣味の雑記  ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。  過去の雑記  
 


2012年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント
マチルダ on 休日は多忙
まーぶみっく on 休日は多忙
マチルダ on ショートスタンド
大市民 on ショートスタンド

過去ログ
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 2月
2013年 1月
2012年11月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月

携帯で読む
   URLを携帯に送る

ブログ内検索試験

Powered by Google


本日   93
昨日   192
累計   820523

 

トップページ
2012年 8月
10万キロは無理じゃない?
現在5万キロのシエンタの燃費が最近極端に悪化して7.8km/lなんて表示が出ている。トリップをリセットして丁寧に走っても良いとこ9km/l。

でもその前から発進時にガラガラと嫌な音がしていたのだが、普通に聞いているとエキゾーストの遮熱板のビビりみたいな音。

車検に出した時もディーラーでそう言われたが、燃費がここまで悪化すると何か違うような気がしてきた。

とりあえず低速ノックの一種かな?とプラグを外してみてみたら、、、
sienta_plug1
4番のねじ山が固着寸前なのは置いておいて、あれ?イリジウムな突起が付いているのに接地電極が編摩耗している。
sienta_plug2
フラッシュオーバーでも錆でもないのに変な汚損が有るし。

何より標準ギャップ1.1mmのはずが0.95mmにするとあの変な音が消える。ということは、あの変な音は失火気味か遅角し過ぎの微妙なアフターファイヤーだったのかもしれない。

で、ディーラーで聞いたら1本2400円と高い上に車検整備項目じゃないらしいので、夕方ネットで送料込みで1500円で手配したら翌日の昼前に到着(お

早速交換したら音は消えるは丁寧に走れば11km/lは出るようになったが、もう少し様子を見ないと何とも言えない。

カーボンの堆積もありそうなので、とりあえず安かったSTPのガストリートメントを入れておこう。

燃費や異音は別にして、もし仮に10万キロ持ったとしても、いざ交換の際には絶対固着してて外れないと思うよ。

バイクもイリジウムはやめて、普通のプラグを車検ごとに交換にすることにしよう。

22:00, Sunday, Aug 05, 2012 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


レギュレーテッド・レクチファイア
名前から整流と電圧制御が一緒ってこと。

昔に乗っていたGSXとかは分離型で、かつフィールドコイル制御なんで車と一緒でオルタネーター。

んが、SV650とかSPADAは永久磁石発電なのでマグネトー、なんだけど点火方式はバッテリー式フルトランジスターで、バイクでは普通なんだけど説明が面倒くさい。

それはそーとマグネトー+ショート型レギュレターなのが一番の問題で、当たり前だが発電して余った電力はコイルと配線とレギュレターが熱に換えて捨てているのだ。

逆にいえば余計な発電をしないオルタネーターの方が燃費とパワーに優れている。

いまどき発電部の信頼性は同じだからオルタネーターが若干重くてでかいくらいで本当は良いのだけど、コストが高いのがメーカとしては難点。

ショットバリアキーダイオードとパワーMOSFETが普及する前のショート型は普通のダイオードとサイリスターなので、不思議なことに何処のメーカーのも良く熱で壊れる。

つーても、新電元製くらいしか見たこと無いけどね。
sv650_reg1

かなり内部部品の取りついている筺体が大きくなっているので放熱フィンへの熱伝導を良くしているのだろう。

でも心配なのでその辺に落ちていた70mmX120mmx5tのアルミ板を挟んでおいた。

電圧もアイドリングなら14.4Vくいらいで制御が入りきっちり充電されている、問題のアップライト5000rpmで丁度13.5Vに成ったのでとりあえず修理完了。

以前からあったSPADAのタコメーターがしばらく走らないと動き出さない原因も判明していてこっちも電圧不足だけど充電はしているので、逆接続防止ダイオードか途中の配線が劣化しているのだろうな。こっちは部品が出てこないので自分で治すか同じ日本精機の部品を使っているバイクから流用するしかない。

19:57, Friday, Aug 03, 2012 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)



△ページのトップへ
 



フリーソフトで作るブログ