matilda.net  
趣味の雑記  ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。  過去の雑記  
 


2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20
21
22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント
まーぶみっく on バスルームのドアノブ修理
スーパーコピー 激安ブ .. on 休日は多忙
クロム ハーツ 偽物 on SPADAのアップハン化
マチルダ on 休日は多忙
マチルダ on ショートスタンド

過去ログ
2019年 6月
2019年 5月
2019年 4月
2019年 3月
2019年 2月
2018年12月
2018年11月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 2月
2013年 1月
2012年11月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月

携帯で読む
   URLを携帯に送る

ブログ内検索試験

Powered by Google


本日   24
昨日   57
累計   999799

 

バスルームのドアノブ修理
松下電工製のRLEX40SW1スイングドアのドアノブが折れた。

見る感じはソルベントクラック。多分リンスかシャンプーか整髪料か浴室洗剤って全部じゃん(w

さて、修理用の部品は部品型番RLXGVGB155Z「レバーハンドルセット」と目星がついているのだが、WEBで製品写真を見るとなんか変な部品が余計に付いてる。

悩んでも仕方がないので、パナのハイ・パーツショップに問い合わせたら、型番は合っているそうだ。

いつもはその後一番安い通販とかで購入するのだが、変な部品が余計に付いてるので万が一の返品交換に備えて、ハイ・パーツショップで購入。

部品が届いてみてみたら、変な部品はただのサムターンだった。だったら「レバーハンドルセット(サムターン付き)」と書いて置いてくれれば、、、んで、1分で交換完了。

鬼嫁が修理日記を動画にしてYOUTUBEに上げろと言っていたが、どれもこれも、直ぐに治るし、逆に素人には危ないこともあるので気乗りしない。

11:03, Sunday, Jun 09, 2019 ¦ 固定リンク ¦ コメント(1)


本当に薬剤師?
海外出張に行く際に、念のために下痢止めと、解熱鎮静剤を持って行く。

海外で医者にかかると凄く高額な医療費を取られるし、薬局を探している時間が惜しいし、英語圏以外では成分が読めないから(w

調剤薬局で、トラネキサム酸(トランサミン、今回の場合は粘膜の止血)を調剤して貰ったついでに、アセトアミノフェンかイブプロフェンと下痢ストッパEXを下さいと言ったら。

出てきたのが、ロキソニンとボルタレンと頭痛ストッパEX?。。。で、胃や粘膜に負担がかかるじゃんと言ったら、胃粘膜成分配合のこれでは。。。

改めて、イブかタイレノールと下痢止め薬と言ったら、5種類くらい出てきてお選びくださいと。

イブA-EXとストッパ下痢止めEXを目出度くゲット。つーか拮抗とか聞いたけど、後で自分で調べないと不安がいっぱい。

12:58, Friday, May 17, 2019 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


久しぶりにシエンタの整備
先だって鬼嫁がルームランプの付けっぱなしでバッテリーを上げたのは書いたかしら?

その時は、マグネトーは入りリングギアも回すけど回転が遅くてエンジンがかからない。バッテリー電圧も無負荷8.4Vと健常(w

比重計を見ると充電不足なので、1年間天日干しした水没歴のある「しらす5」で充電したらしっかり復活。無負荷電圧も12.4Vと回復。

久しぶりに自分が乗ってみたら、冷間始動でカム周りが五月蠅い&アイドリングも五月蠅いし、微妙に不安定。

慌ててオイルレベルを見ると、増えてて黒い、オイルフィラーキャップからヘッド内を見ても茶色っぽい。要するに典型的な短距離走行シビアコンディション。

慌ててエンジンオイルとオイルフィルターを交換したら、アイドリングは静かで安定に。元々シビアコンディションなのは分かっているので5W-30を入れてあったけど、1.5年は持たなかった模様。

トヨタ車なのでジェームスで油脂部品を探したら、ほぼ定価(標準的小売価格)。別のホームセンターで見繕ったが、後千円も出せばディーラー交換保証付き&整備費貢ぎ記録で、その方が良かったかも?

16:10, Saturday, May 04, 2019 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


FT-8 今までで一番汚い変調
FT-8は、オーディオ周波数の8値FSKでSSBを使って送信するが、FSKの帯域が50Hzと狭いのに、データ量が少ないので15秒タームで通信できるのでJT65に比べて交信が早く済むが、データーの重畳が少ないので間違い訂正やフェージングに弱くJT65より飛ばない聞こえない。

なんて解説するまでも必要なくやってる人は解っているはず。

そんで、絶対にやってはいけないことが2つ、というか1つ。無線機のALCが効くまでオーディオレベルを入れるとALCがカットに入るので音声波形が歪む、もちろんマイク入力の入力アンプが飽和するほど入れるとギターアンプで言うオーバードライブがかかるので最悪。

FT8kitanai


4エリアの記念局らしいが、オーディオ周波数でここまで高調波が見られるのも教科書的であるので紹介しちゃおう。

500Hzキャリアで送信しているので、1000、1500、2000、2500、3000、3500、4000、4500Hzに見事にオーディオ帯域で高調波が出ている。
偶数次もしっかり出てるってことは典型的に入力過多、3次高調波なんてほかに無線局が送信してるのか?ってレベル。
この局を受信している間バックグラウンドが黒く静かになるのは、ソフト側でAGC掛けちゃってるか、無線機の受信が飽和気味ってことだと思う。

まあでも、高調波群を構成しているピークの数を数えると8値FSKなのが解るのと、高調波の次数が上がるごとに帯域が比例して広くなるが解る貴重な画像かも?

16:50, Sunday, Apr 28, 2019 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


WInhdows10のエラー対処
重大エラー
Kernel-Power41:

取りあえずNVIDIAのドライバーをヴァージョンアップしたら出なくなった分けではなく再発。
高速スタートアップを無効にして様子見中。

自爆ワーニング(w
PrintService370:環境 Windows x64 のドライバー My v4 Printer のプリンター ドライバー情報を再生成できませんでした。

テスト作成したV4ドライバー情報が削除されていなかったので、プリントサーバーのプロパティで完全削除。
USBデバイスとしてINFを設定していた時は。pnputilで削除。

あと、起動時にエラーが常時4個出ているのと、やたら目ったら一定間隔で出てるエラーを何とかせねば。

13:20, Sunday, Apr 21, 2019 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)



△ページのトップへ
 



フリーソフトで作るブログ